山  讃  賦
松崎 武雄 作詞  石川 強   作曲

一、紫の雲ゆらめけば
   白銀を射るや金箭
   おごそかに山鳴りわたり
   霊香の四方に薫じて
   山々はいま、明けんとす
   君見ずや東の空

二、大聖の世を呼ぶごとく
   山神に炬火をかざして 
   ものみなの生命のうへに
   悠久の光と熱を
   おしゆなり、いざ市去りて
   祟厳の山におろがめ

三、岩桔梗黒百合咲ける
   花園をつつむ山霧
   はいまつの蔭より蔭を
   おほらかに遊ぶ雷鳥
   若人は六根清浄
   唱へつゝ双手ふるなり

四、あゝ山は吾が行く殿堂
   あゝ山はわが棲む宮庭
   煩悩も邪悪も忘れ
   法悦と歓喜にみちて
   山籟を遠くきくとき
   うつゝなく、ゑまひするかな