一橋山岳会のホームページへようこそ。当ホームページは2008年8月1日に開設しました。
会   報 会   報
会   報 会   報
(復刊)針葉樹会報1〜60号総目次
【編集者より】
 針葉樹会報の戦前のバックナンバー(全巻)は、日本山岳会図書室に保管されています。戦後、復刊された現行の針葉樹会報も故望月達夫氏の蔵書がご遺族の厚意により、同じく日本山岳会図書室に寄贈されています。
■復刊60号 1981年12月発行

奥多摩山行
岡田謙三君を悼む
奥大日岳の乙女
部室五十年—建設経過を中心に
国立の緑の中の既得権
小谷部・森川両君の手紙(二)
'81夏のたより——なつかしい山仲間の声
一橋山岳部インドヒマラヤ登山隊
               遭難報告

編集:松田 重明


根本 大
中島 孚
柿原 謙一
増山 清太郎
勝田 有恒
望月 達夫
 



■復刊59号 1981年6月発行

五月の大町で   
小谷部、森川両君の手紙(一)   
ツーグスピツエとセントゴツタルド峠越え
二木会活動報告・会員消息
編集後記
春の戸隠連峰   
八ッ峰 I峰四稜   
インドヒマラヤ登山計画   
     一橋大学一橋山岳部

編集:加藤 博行


柿原 謙一
望月 達夫
森脇 芳之


加藤 博行
藤本 敏行



■復刊58号 1981年3月発行

蓬峠のことども—55年10月懇親山行
久保田禮治君の想い出
故・鈴木英雄氏追悼会
思い出のレイモンド山
ピコ・デ・オリサバ登頂記
初秋のカナデイアン・ロッキーズ
(1980年)

編集:加藤 博行


根本 大
手塚 晴雄
久保 孝一郎
瀬田 宏
前神 直樹
中島 寛


■復刊57号 1980年10月発行
鈴木英雄さんの急逝を悼む
セント・ヘランズ火山の爆発
双六谷を遡る
尾白川本谷から甲斐駒へ
フリー・クライミングって本当にむつかしいですね
米国生活八年半
思い出のアンデス
クマさんの新著『山へ』 東京商大“山学部”OB
望月達夫著『折々の山』を読んで

編集:加藤 博行

久保 孝一郎
吉沢 一郎
佐藤 活朗
加藤 博行
引地 真
石井 左右平
中村 保
柿原 謙一
岩崎 利一

■復刊56号 1980年6月発行
鈴木英雄君を悼む
ひとり富士を滑る
ゲレンデスキー婦人
年寄りの冷水登山(二)
御座山三遊
忘れかけた山
景信山行
冬山縦走奮闘記
  —1980年1月遠見尾根から栂池へ
New Mountains, New Friends.
1978・79年山行記録
編集:加藤 博行

増山 清太郎
甘利 仁郎
柿原 謙一
吉沢 一郎
望月 達夫
鈴木 克夫
春日 井実
倉知 敬

Thomas Rugo

■復刊55号 1980年1月発行

<懇親山行——巻機山>
 米子沢の記
 巻機山ヌクビ沢
幹事報告
年寄りの冷水≪ひやみず≫登山(一)
藪こぎ爺ケ岳
可さんを偲んで


編集:加藤 博行



佐薙 恭
伊藤 恙生
藤本 敏行
吉沢 一郎
柿原 謙一
高崎 治郎


■復刊54号 1979年6月発行

“ほんとに真人間でした
  ……”高橋 要二君を思う  
追悼 松浦静雄君  
奥多摩明暗  
正月の北鎌尾根(一九七九年) 
正月の槍ヶ岳 南岳西尾根から
五月の八ツ峰 

編集:藤本 敏行


吉沢 一郎

望月 達夫
鈴木 英雄
中島 寛
前神 直樹
藤本 敏行


■復刊53号 1978年11月発行

下栗部落と御池山
夏の山
雲ノ平周遊行
雨また雨の山行
CANADIAN ROCKIES
白山
湯檜曽川本谷行
身辺雑記(III)——美しく老ゆることは難しい
山中綺譚
1977年山行記録

編集:藤本 敏行


柿原 謙一
望月 達夫
久保 孝一郎
宮城 恭一
甘利 仁郎
岩崎 利一
近藤 泰
吉沢 一郎
小林 重吉



■復刊52号 1978年6月発行

ヒマラヤ・トレッキング   
ヒマラヤの旅   
スキー登山のすすめ   
白馬主稜行(三)   
身辺雑記(ニ) ヒラリーのこと
ケニア・ひとり旅 78年夏 
会員消息   
山岳部事故連絡  

編集:藤本 敏行


中島 孚
大塚 武
倉知 敬
金子 晴彦
吉沢 一郎
佐藤 活郎
森脇 芳之
藤本 敏行


■復刊51号 1977年12月発行

K2行を含めた以後の身辺雑記(一)  
ヌクイ谷を登る   
清水谷遡行   
白馬主稜行(二)   
甲斐駒追悼碑建立報告   
ケニア山レナナ峰、一九七七年
  高度障害の経験   
フランシスとエドワード   

編集:藤本 敏行


吉沢 一郎
柿原 謙一
兵藤 元史
金子 晴彦
西牟田 伸一
佐藤 活郎

松田 重明


■復刊50号 1977年8月発行

K2を目指して
小谷部・森川両氏の年忌に憶う(ニ)
五竜岳から剣岳へ


白馬主稜行(一)
会員消息・ヂュッセルドルフ
1976年山行記録

編集:藤本 敏行


吉沢 一郎
船本 文治
松田 重明
佐藤 活郎

金子 晴彦
佐藤 之敏


■復刊49号 1977年3月発行
 
昭和51年の山旅
還暦のラッセル
小谷部・森川両氏の年忌に憶う
美女峠と吉尾峠
チロールのエーデル・ワイス
中川孫一氏五年祭

編集:藤本 敏行

近藤 恒雄
大塚 武

船本 文治
望月 達夫

勝田 有恒
増山 清太郎

■復刊48号 1976年12月発行
 
大烏山
正月休みの上高地
石割山に登って
三国峠から谷川岳へ
甲斐駒追悼山行
アドヴェンチャーへの新しい計画
    ——イナンナ計画
秋の北岳バットレス

編集:藤本 敏行


望月 達夫

久保 孝一郎
岩崎 利一
宮城 恭一
西牟田 伸一
甘利 仁郎

前神 直樹

■復刊47号 1976年9月発行
 
留心山谷の先輩
森吉山と富士山
柳沢峠から黒金山へ
諏訪山印象記
あれから十年
——復山記ならびに休山記
昔を思い出してみれば
社会人第一の躓き


編集:藤本 敏行

柿原 謙一
岩崎 利一

宮城 恭一
鈴木 英雄
山田 亮三
山本 健一郎
加藤 博行

■復刊第46号、1976年6月発行

アフガニスタンの首は何故長い  
ブルハーン氏の裏山        
番所集会              
サンジ小舎の一夜      
ハヌマンティバ登頂報告2        
   OVER 3776m         
   登頂日誌            
会報報告             
1975年山行表     
 
表紙写真  北岳バットレス中央稜線
編集:井草 長雄


吉沢 一郎
金子 晴彦
樋口 洪
久保 孝一郎

前神 直樹
藤本 敏行
幹事

写真と文  
金子 晴彦
■復刊45号
(村尾金二氏追悼特集)

1975年12月発行
思い出すままに 
弔辞
ペン公
村尾君の人柄
村尾ぺんちゃんを偲ぶ
学名はスフェニンデ
村尾さんとの山旅の思い出
秩父雑感
村尾さん逝去に思うこと
羅臼岳紀行
七面山——お題目の山
日光白根印象記
最近の山行より
青いケシの国
ハヌマンティバ登頂報告(1)

編集:井草 長雄
藤島 敏男
藤島 敏男
吉沢 一郎
松木 謙三
近藤 恒雄
柿原 謙一
望月 達夫
村尾 金二
久保 孝一郎
大塚 武
山崎 拡
鈴木 英雄
久保 孝一郎
倉知 敬
前神 直樹
藤本 敏行
■復刊44号 1975年9月発行
 
那須甲子行
いやだよ 山ダニ君!
大菩薩峠から丹波山村
登りましたよ 四阿山
サンジ小舎


編集:井草 長雄
鈴木 英雄
柿原 謙一
宮城 恭一
山田 亮三
久保 孝一郎

■復刊43号 1975年6月発行
 
山菜について
丸山(1488m)
三峰から雲取へ
蕗のとうに当った話
聖岳・赤石岳
僧ケ岳から剣岳へ
中川・孫さん追悼山行


1974年 山行表(続)
編集:井草 長雄
村尾 金二
望月 達夫
宮城 恭一
久保 孝一郎
山本 健一郎
藤本 敏行
山行幹事 
  久保 孝一郎
  池知 昭洋
■復刊42号 1975年3月発行
 
茅ケ岳と金ケ岳
紅葉の二子山と両神山
奥秩父三峠
初冬の笛吹川東沢・西沢
病院から見た山
1974年 山行表


編集:井草 長雄
柿原 謙一
宮城 恭一
山田 亮三
久保 孝一郎
山本 健一郎


■復刊41号 1974年12月発行
 
四阿山
秋の奥鬼怒にて
嘉門次小屋の秋
ロッキーでの休日
「エース」時代の思い出


編集:井草 長雄
望月 達夫
久保 孝一郎
柿原 謙一
石弘 光
中島 寛

■復刊40号 1974年9月発行
 
椈森≪ぶなもり≫
聖岳行
A+Bの自乗
上武国境の三つの峠
白根御池にて
吾妻行
日光白根での拾いもの
ロッキーでの休日
編集係を終えて

編集:井草 長雄
村尾 金二
山崎 拡
久保 孝一郎
柿原 謙一
岩崎 利一
望月 達夫
山本 健一郎
石弘 光
岡田 健志
■復刊39号 1974年5月発行
 
昨年の山
夏の八甲田山
根子岳
姥権現の祟り
初夏の小楢山頂上にて
札幌近郊スキーツアー
四阿山八合目スキー行
秩父での忘年会
身辺雑記
1973年山行表

編集:岡田 健志
近藤 恒雄
望月 達夫
山本 健一郎
冠木 伊右衛門
久保 孝一郎
小野 肇
柿原 謙一
宮城 恭一
吉沢 一郎
編集係
■復刊38号 1974年1月発行
 
御岳山秋雨
牛ノ寝通り
山行句抄
武尊行走り書き
近況報告まで
晴男変じて雨男となるの記
カラコルムを越えて
悪沢、赤石神風登山
山好きの話
身辺雑記
江面のこと
編集:岡田 健志

村尾 金二
望月 達夫
柿原 謙一
松下 順吉
大塚 武
山田 亮三
中村 保
山崎 拡
石原 脩
吉沢 一郎
渡辺 嘉佑
■復刊37号 1973年8月発行
 
姥湯のこと
ジーバーホテル
四月の御嶽山
浅草岳をあきらめ守門岳へ
身辺雑記(VIII)
尾瀬の裏口
遠見・唐松
<お便り紹介>
小林茂雄君歓迎山行

編集:岡田 健志
豊田 忠巍
冠木 伊右衛門
柿原 謙一
山本 健一郎
吉沢 一郎
岡田 健志
藤原 朋信
加地 幸雄
松下 順吉
■復刊36号 1973年3月発行
 
落ちぶれた岳人のリバイバル
四十七年幕岩事故報告
昭和四十七年の山路
昭和四十七年を顧みて
五竜・遠見
部活動報告 一橋大学一橋山岳部
1972年山行表 編集係
雪の両神山
パキスタンでの生活

編集:岡田 健志
上原 利夫
原博 貞
近藤 恒雄
岩崎 利一
俵 昭


山崎 拡
中村 保
■復刊35号 1972年12月発行
海外便り
ニューヨーク 
ニューヨーク 
ロスアンジェルス 
ロンドン 
テキサス 
ミシガン 
クアラルンプール 
ヂュッセルドルフ 
嵯峨塩温泉懇親会記
朝日連峰縦走十七句
断絶・秋山・老楽(おいらく)
編集:岡田 健志


森脇 芳之
田中 一雄
中川 滋夫
小林 進二
佐薙 恭
石弘 光
大橋 喜治
佐藤 之敏
近藤 恒雄
柿原 謙一
久保 孝一郎
■復刊34号
(中川孫一氏追悼特集)

1972年9月発行
編集:岡田 健志
日本アルプス紀行
  ——一橋山岳会第一班第二隊記録
弔詞
中川孫一と一橋山岳会の創立
二枚の写真と中川さんのこと——身辺雑記(7)
中川さんの憶い出話
孫さんと筍
中川さんのこと
先輩中川さんの思い出
憶出
思い出すまま
孫さんのこと
低い山
中川さんとの山登り
中川さんのこと
孫さんとの山
中川孫さん——親父のような兄貴のような人
中川さんを憶う
故中川 孫一氏山行譜
中川 孫一

望月 達夫
金田 近二
吉沢 一郎
村尾 金二
冠木 伊右衛門
高橋 要二
久保田 礼治
増山 清太郎
鈴木 英雄
堀岡 清
柿原 謙一
望月 達夫
岩崎 利一
山田 亮三
久保 孝一郎
松下 順吉
岡田 健志
■復刊33号
(平川紀男氏追悼集)

1972年7月発行
平川紀男氏追悼集発刊にあたって
平川君の思い出
後輩・平川君のこと
仲間・平川
先輩・平川氏のこと
その後のこと

呼ばれてから、会うまで
連休の山
未練がましい鹿島槍鎌尾根行
両神山から天理ケ岳へ
五月の内蔵助平
雄山に登らなかった話
内蔵助平から剣岳登頂
身辺雑記(6)
中川(孫)未亡人との往復書簡
故中川前会長遺体発見の経過
編集:岡田 健志
編集部
中島 寛
蛭川 隆夫
高崎 俊平
岡田 健志
平川 博資・平川 茂
平川 収信

大賀 二郎
望月 達夫
大橋 喜治
柿原 謙一
加藤 正巳
山崎 拡
中島 寛
吉沢 一郎
久保 孝一郎
大賀 二郎
■復刊32号 1972年3月発行
 
中川孫一氏の遭難とその捜索活動
中川(孫)さんからの最近の便り
帰朝報告
讃治の手紙
角間山
覚張君の思い出
身辺雑記 『雑記』

編集:岡田 健志
大賀 二郎
久保 孝一郎
高崎 治郎
石井 左右平
石原 脩
中島 孚
吉沢 一郎
■復刊31号 1971年12月発行
 
朝の散歩
六月の山
東鎌・西鎌・北鎌
頭熱足寒山行——丹沢葛葉川遡行
骨の十文字峠
秋の奥穂高南稜
中年登山
小谷部・森川両君のこと
身辺雑記(4)

編集:岡田 健志

近藤 恒雄
望月 達夫
俵 昭
中川 孫一
山田 亮三
大建 二郎
山崎 拡
柿原 謙一
吉沢 一郎

■復刊30号 1971年10月発行
 
花の十文字峠  
夏山懇親山行始末記  
夏の黒部東沢 

 
エベレストをこの眼で見る  
会務報告  

編集:岡田 健志

中川 孫一
久保 孝一郎
高橋 信成
三森 茂充
中村 雅明
吉沢 一郎
大賀 二郎

■復刊29号 1971年6月発行
 
エヴェレスト街道
身辺雑記(二)
北岳バットレス四尾根
避衆大菩薩峠
会津朝日岳


編集:岡田 健志

冠木 伊右衛門
吉沢 一郎
佐藤 久尚
村尾 金二
望月 達夫


■復刊28号 1970年12月発行
 
日本百名山
荒沢岳点描
身辺雑記(1)
想出の銀山平へ
滝谷から西穂
今年の旅


編集:高崎 俊平

山田 亮三
中川 孫一
吉沢 一郎
松木 謙三
加藤 正巳
岩崎 利一


■復刊27号 1970年7月発行
 
雨巻機
1969年の登山記録
山行記録(1969.1−1970.1)
69年の山行記録
瓶が森
エベレスト便り——第二次偵察隊


編集:平川 紀男
中川 孫一
近藤 恒雄
望月 達夫
久保 孝一郎
岡田 健志
中島 寛

■復刊26号 1969年12月発行
 
秋の懇親山行——瑞牆山と天狗山
荒沢岳
会津の田代山
二つ天狗——執念の山
瑞牆山と金峰山
紅葉の白い山
晩夏の後立山
ニュージーランドの山旅

編集:高崎 俊平
原田 豊
村尾 金二
望月 達夫
中川 孫一
宮城 恭一
山田 亮三
平川 紀男
有賀 盈
■復刊25号 1969年7月発行
 
高見さんの思い出
高見さんのこと
針葉樹会懇親スキー
浅間山
魚沼三山一人旅
スコットランドの山々
北海道ア・ラ・カルト
現役だより

沢登りの思い出

編集:平川 紀男・斉藤 正


山田 亮三
山本 健一郎
中村 雅明
大賀 二郎
佐藤 久尚
高橋 信成
小野 肇
宮武 幸久
  (学生4年)
斉藤 正


■復刊24号
 1969年3月発行
 
山伏岳
今年の登山
村尾さんの杖と天狗平——穂高岳懇親山行  
針葉樹会懇親ハイキング

森脇君一家のこと
山行消息(昭和43年)


編集:平川 紀男・斉藤 正



中川 孫一
近藤 恒雄
柿原 謙一
山本 健一郎
佐藤 久尚
吉沢 一郎
中川 孫一



■復刊23号 1968年9月発行
 
<五十嵐 数馬氏をしのぶ>
慎重居士
追憶
五十嵐数馬君の思出
五十嵐数馬君を失う
書評 『ロシュ・ゴル氷河の山旅』を読んで
『遠い山近い山』を読んで
国際山岳連盟総会へ
10才から67才まで
 ——五色ケ原追悼山行のよせ書
可先生一周忌とオーション会
四国の山々
編集:平川 紀男・斉藤 正


中川 孫一
近藤 恒雄
村尾 金二
松木 謙三
望月 達夫
岩崎 利一
吉沢 一郎


吉田 義則
岡田 健志
■復刊22号 1968年6月発行

北秩父アルペン・ドライブ
追悼 中村 慎一郎君
  ——遭難報告・五月の鹿島槍
ヒンズークシュ通信 (3)


 編集:平川 紀男・斉藤 正
大賀 二郎
俵 昭

倉知 敬

■復刊21号 1968年1月発行
 
ゼニイレ沢
奥秩父遭難三君のこと
  ——記念碑除幕式に参加して
二人の山——正月の鹿島槍
ヒンズークシュ通信 (2)


編集:平川 紀男
山田 亮三
佐野 茂雄

平川 紀男
倉知 敬

■復刊20号(大田可夫先生追悼集)
1967年10月発行
 
可さんを偲ぶ
大田先生の死を悼む
先生を偲ぶ
大田先生の思い出
大田先生のこと
マジメな可さん
可先生と私——学園での先生のことなど
大田先生の山登り  
  足が笑った話—真名井沢のこと
大田先生の夏山合宿
十文字峠
編集:平川 紀男



中川 孫一
関 恒義
久保 孝一郎
石原 脩
鈴木 克夫
大賀 二郎
石弘 光
横山 皖一

中村 正司
柿原 謙一
■復刊19号 1967年8月発行
 
志賀高原の雪
二十七年ぶりの滝谷
赤松バットレスのこと(部誌より)
ヒンズークシュ通信 (1)


編集:平川 紀男
柿原 謙一
大塚 武
加藤 正巳(学生)
倉知 敬

■復刊18号 1967年5月発行
 
執念の山——酉谷山と天祖山
“チトカニウシ”と“ニセイカウシュッペ”
登らざるアルピニスト
山行十五句


編集:倉知 敬
中川 孫一
大塚 武
中林 栄三
柿原 謙一

■復刊17号 1967年2月発行
 
野沢温泉合宿の思出
針葉翁樹会のこと
道志の閑寂境
利尻岳
黒薙尾根より白馬岳
冬山合宿報告——その反省の記
野沢・懇親スキー行
カラコルム遠征先遣隊報告 その4

編集:倉知 敬
近藤 恒雄
岩崎 利一
中川 孫一
宮本 英治
俵 昭(学生2年)
倉知 敬
倉知 敬
佐藤 之敏
■復刊16号(磯野計蔵氏追悼特集)
1966年11月発行
山行句
磯野君の思い出
想い出
一橋時代の計さん
鹿島鑓の積雪期登山——磯野さんのこと
夫婦スキー・磯野君の思い出
磯野計蔵氏登山譜
強化合宿
九月の北岳——懇親山行・その1
第四尾根を登る
紅葉の笛吹川を遡る——懇親山行・その2
カラコルム遠征先遣隊報告 その3
編集:倉知 敬


柿原 謙一
久保田 礼治
金田 一郎
手塚 晴雄
堀岡 清
中川 孫一
倉知 敬 編
村尾 金二
山田 亮三
山本 健一郎
中島 寛
佐藤 之敏
■復刊15号 1966年9月発行
 
思い出の山行
天目外れ
“四十の手習い”その後
——山田先輩と御在所の岩場に遊ぶ
烏帽子沢奥壁
夏の穂高
カラコルム遠征先遣隊報告 その2


編集:倉知 敬
高見 要
中川 孫一
大橋 喜治

大賀 二郎
倉知 敬
佐藤 之敏

■復刊14号 1966年8月発行
 
札幌近況
小谷部のハガキから
遥かなる山々
山と女房と思い出
アルプス行
カラコルム遠征先遣隊報告 その1



編集:倉知 敬
大塚 武
望月 達夫
日江井 正巳
峰高 教通
倉知 敬
丸子 博之


■復刊13号 1966年6月発行
 
四十の手習い
九郎の思い出
冬の谷川岳—66年1月OB合宿
懇親スキー行・石打
五月の五龍


編集:倉知 敬
山田 亮三
吉沢 一郎
倉知 敬
宮本 英治
中島 寛

■復刊12号 1965年12月発行
 
山行寸描 (檜洞丸)
五月の北海道
北海道山歩記——その一
針葉翁樹会のこと


編集:蛭川 隆夫
中川 孫一
大 建二郎
小野 肇
岩崎 利一

■復刊11号 1965年9月発行
 
山行寸描(子持山、乗鞍駆け歩き、乾徳山)
わが水彩
夏山合宿便り
カラコルム遠征準備経過報告
甘利氏よりの手紙


編集:蛭川 隆夫
中川 孫一
渡辺 九郎
石弘 光
中島 寛


■復刊10号 1965年5月発行
 
鳥甲山
冬の北鎌尾根(39年 OB合宿)

奥秩父句抄


編集:大建 二郎
中川 孫一
丸山 則二、
中川 滋夫他
柿原 謙一

■復刊9号 1964年12月発行
 
追悼 篠原敏弘君
このごろの私と山について
森川真三郎君の手紙
変な沢の御紹介
第一回遠征委員会報告
針葉樹会翁爺(オージー)会
月見の宴・懇親山行の報告


編集:大建 二郎
山本 健一郎
柿原 謙一
望月 達夫
石原 脩
倉知 敬
TM


■復刊8号 1964年9月発行
 
野沢温泉のこと
鶴見事故
アンデスからヒマラヤへ
現役の一人としてコーチャー会に望むこと
冬の穂高合宿(64年1月の記録)

編集:中村 保
柿原 謙一
大賀 二郎
倉知 敬

中川 滋夫
■復刊7号 1963年**月発行
 
御座山
登山と遭難
遭難について
滝谷遭難日記(1962年)
不帰登攀(OB)の記録
世界で一番高い都ラパス滞在記

編集:中村 保
中川 孫一
岩崎 利一
石原 脩
石弘 光
大橋 喜治
中村 保
■復刊6号 1960年10月発行
 
アンデス登山隊派遣によせて
海外遠征準備経過報告


編集:中村 保
関 恒義
中村 保

■復刊5号 1960年6月発行


海外遠征計画について
海外遠征計画アンケート集計報告
南の山北の山


編集:高崎治郎・中村保
吉沢一郎

白川隆夫
■復刊4号 1959年
 
人鳥類命名由来記
奥穂から西穂へ
私のスポーツ遍歴
アコンカグアの上を飛んだ
袖触れ合ったと言う事
山小屋 (1)、(2)


編集:石原 脩
村尾 金二
小林 重吉
高見 要
大塚 武
石原 脩



■復刊3号
 1955年6月発行
 
ある時代
ハモニカ横町から前田まで
野沢温泉の記
四〇〇〇米の焚火


編集:石井 左右平・伊藤 恙生






石井 左右平
山田 亮三
増山 清太郎
中川 孫一







■復刊2号 1953年11月発行
 
半分になったザイル  
山を読む  
身辺三話  
泰山に登った話  
エヴェレスト頂上への登攀 
エヴェレスト登頂に寄せて

編集:石井 左右平・伊藤 恙生






浩一郎(中川 孫一)
吉沢 一郎
増山 清太郎
岩崎 利一
宮城 恭一
伊藤 恙生



■復刊第1号 1952年9月発行

復刊のよろこび—創立30周年記念事業として
山岳部を出た男の話  
雑感 
のんきなはなし  
十勝岳 
凝る方凝らぬ方  
在米会員便り 
 
会報復刊によせて  

編集:石井 左右平・伊藤 恙生



中川 孫一
吉沢 一郎
近藤 恒雄
増山 清太郎
堀岡 清
大塚 武
森脇 芳之
田中 一雄
KANP


会   報

当ホームページに掲載されている記事や画像の無断転載は禁止いたします。
(C)一橋山岳会