針葉樹会地方会員のお便り紹介

HP幹事 加藤 博行(昭 51年卒)

 
 針葉樹会のホームページ(HP)担当を中村(雅)さんから引き継いで、2年近くになります。時折思わぬ方よりHPに関連したお便りをいただくことがあり、これもHPを開設・運営させていただいているご縁かと思います。
 今回は、223日夜のことでした。翌日から23日の予定で、1972(昭和47)年に山岳部に同期入部した仲間と熊野古道を歩き、那智勝浦で同窓会を行う前日に関西在住の中西巌会員(昭和35年卒)より頂戴しました。同時代を過ごされた会員の皆様には懐かしい内容が含まれていると思われ、ご本人の了解をいただき、ここに主なやりとりを紹介させていただきます。
 

2020年2月23日 受信

 針葉樹会 加藤博行様

中西 巌(昭 35年卒)

 会務にご精進ご苦労に存じます。いつも会報お送り頂き感謝申し上げます。
 第145号ゆっくり拝見しております。冒頭の市川さんの一文拝見して、懐かしむと同時に、はるかに遠い昔(筆者注:1956年)、市川さんと一緒した、涸沢での2週間の夏山合宿、それに続く10日程の縦走山行、中尾峠を越え錫杖,笠,抜戸、双六、蓮華、鷲羽、野口、烏帽子、針ノ木、そして長い長いくだり経て葛温泉で汗を流したのを思いだします。山本リーダー、サブリーダー岡垣さん、甘利さん、T中さんも一緒でした。
 合宿中は、前穂高、滝谷のほとんどの岩壁にとりつき、また一日、涸沢から北穂高、キレットをへて稜線を槍までの往復など市川さんとご一緒したことを思い出します。
 今の皆さんの夏山合宿はどのようになつていますか。
 ところで、メールしたのは、会員の皆さんの様子を知りたいと思いホームページを見たところ、それには、「ユーザー名」、「パスワード」が必要とのこと、ご通知頂いていたかもしれませんが、いまは分かりませんので教えてください。
 小生、夏の6月末から9月始めまでの2ヶ月強、このところ夏の酷暑をさけ、ニセコに滞在することにしています。昨年は、オープンしたばかりのホテルスカイニセコに滞在、毎日羊蹄山をながめてくらしました。今年も同様の予定でホテルの予約も済ませています。その間、大雪山や富良野岳、芦別山などのできれば訪問してみたいと考えています。
 
 

2月23日 返信

                                   加藤 博行

 
 中西様
 ホームページ担当幹事の加藤(昭51年卒)です。
 お便り頂戴し有難うございます。
 またホームページ拝見していただき感謝いたします。
 針葉樹会員資料のユーザー名、パスワードは以下の通りです。
(以下省略)
 
 ユーザー名、パスワードではご不便をおかけしておりますが、ご理解ください。
私の方からは、ホームページ新規記事掲載時にメールで、記事のご案内と、ユーザー名・パスワードをお知らせしております。最近のメール2通を中西様宛別途再送しますので、もし受領されていないようでしたら、お知らせください。
 

2月24日 受信

 
加藤様

中西 巌

 早速のご返信ありがとうございます。
 久しぶりにホームページを拝読させていただきました。皆さんのご努力に感銘をしております。その中の、上原さんの「針葉樹文庫我が会の伝統の証」を興味深く読ませていただきました。そこで上原さん触れていたこと。
 昭和3112月山本チーフリーダーのもと、北岳バットレス中央稜を目指した冬山合宿の用意の秋の荷揚げで、無人の荒川小屋と稜線にデポした後夜叉峠に戻り鳳凰三山を縦走、山中で一泊、一部積雪一部結氷の山稜をアイゼンを利かせながら楽しく上り下りしたのを思い出します。地蔵からの燕頭山を経ての長大のくだり。お座石鉱泉での、打ち上げなど、遠い記憶が蘇ります。
 山本さんの別荘に家内とお邪魔してバーンスタインのベートーヴェンを聞かせていただいたことなども思い出がつながります。渡辺さんも一緒でした。両氏ともすでにこの世におられないことは残念です。
(後略)
 

2月24日 発信

 中西 巌 様

加藤 博行

 今旅先で、26日まで出かけております。戻りましたら、アドレス登録変更や、最新名簿をご案内いたしますので、少しお待ちください。また、この機会に、何か他にお尋ねの件があればお知らせください。
 今回中西様と連絡がとれて良かったと思っております。くれぐれも、新型ウイルスに気をつけてお過ごしください。取り急ぎ返信まで。
 

2月24日 受信

 加藤様

中西 巌

 ご旅行中、大変な労をお煩わせし申し訳ありませんでした。いろいろとご教示くださり厚く御礼申し上げます。
 熊野は,昨春、数日かけて通り過ぎたばかりです。本宮大社、速玉大社は別として,新宮には、新宮城、神倉神社、佐藤春夫記念館そして徐福の墓など必見のところがあります。神倉神社の危険な階段は、女坂に避けて下りました。生まれ故郷の新宮をこよなく愛した春夫の「望郷五月歌」
 
「塵まみれなる街路樹に哀れなる五月来にけり、石だたみ都大路を歩みつつ、恋しきや我が故郷、あさもよし紀のくにの牟婁の海山、、、」
 
いい詩です。
 
 史記によると、前3世紀、徐福は3000人以上の若い男女、5穀の種、百工を携えて日本に来ています。当時の最新の技術を日本にもたらしその後の日本の発展に貢献したはずで、どうなっているのでしょうか。日本各地に徐福伝説がありますので、何艘かに別れた船が各地に流れ着いたのでしょうか。
 足をのばすと、熊野には花の窟、鬼が城、神武天皇熊野上陸の地「楯が崎」など伝説の地が一杯です。
 つまらぬことを書きましたが、ご旅行の安全を祈ります。
 
 

2月27日 発信

 中西様

                                加藤博行


 昨日熊野古道より戻りました。
 今回は、新宮から熊野川をバスでさかのぼり、翌日小口から那智大社まで約8時間の歩きでした。道中、人は少なく、苔むした石段を敷き詰めた杉落ち葉を踏みながら、越前峠を登る静かな古道歩きを楽しめました。
 舟見峠あたりは勝浦の浜が見渡せ、絶景でしたね。
 関西在住の皆さんは近くてうらやましいです。

(後略)
以上が、中西会員とのメールのやりとりの要旨です。
 
 中西会員が触れられた当時の夏山合宿の様子は、針葉樹12号(P162~)に詳しく記録されています。30数名の現役部員にOB会員も参加され、今読んでもあの時代の熱気と高揚感が感じられます。
 
 このメールのやり取りから、その後新型肺炎騒ぎで世の中が様変わりし、ずいぶん時間がたった様な気がします。我々の熊野古道の旅は、今から思えば一連のウイルス禍走りの時期で、海外からの団体旅行者が大きく減り始めたさ中でした。24日朝東京を発ち、名古屋より新宮を経て熊野交通のバスで人気の少ない小口自然の家で田辺から中辺路を歩いてきた仲間と合流し、一泊しました。
 翌25日、大雲取登り口から古道に入り、道中、越前峠、石倉峠を経て、舟見峠に着けば、樹林の合間から静かな勝浦の入り江が望めました。舟見茶屋跡から古道は緩やかに高度を落とし、那智高原を経て、熊野那智大社神舎裏にひょっこり降り立ちました。うす曇りの天候の中、驚くほど静かな熊野古道歩きとなり、平安の昔の人々の往来に思いをはせ、またこの間、携帯で中西会員とのお便りのやりとりもあり、思い出深い旅となりました。
 
 冬の熊野古道の旅参加者:兵藤(昭52年卒)藤田(昭52年卒)元井(昭51年卒*元山岳部)佐藤(活)(昭53年卒)加藤(元井は、那智勝浦で合流)
 熊野古道旅程 224日 夕方、小口自然の家に集合
        225日 6:55 小口自然の家発 10:00 越前峠
             11:30 石倉峠     13:00 舟見茶屋跡
             14:30 那智高原    15:00 熊野那智大社着 
                          (勝浦 万清楼泊)
 
 

大雲取越 小口からの歩き始め
越前峠にて(左より、佐藤(活)、藤田、兵藤)
石倉峠手前の下り坂
舟見茶屋跡の道標